King Gnu(キングヌー)Mステ出演!圧倒的クセの強さで音楽業界をぶっ壊す!

Mステ出演!2020年はKing Gnuの年になる

 

4人組ミクスチャーロックバンド、King Gnu(キングヌー)がミュージックステーション(テレビ朝日)に出演しました。

現在、飛ぶ鳥を落とす勢いでリスナーからの支持を広げている彼ら。

 

オシャレかつクセが強い、キングヌーの魅力をご紹介します。

出演日時・演奏曲

2/22(金)の20:00から放送されるミュージックステーションに出演しました。

Mステ演奏曲"Slumberland"はこちらです。

重ねられたコーラスとストリングスサウンドが曲全体を壮大なものにしており、そこに加わるボーカルの荒々しい声は一度聴くと忘れられない中毒性があります。

独特なPVが印象的ですね。

King Gnu - Slumberland

 

Mステ演奏曲"Slumberland"は最新アルバム『Sympa』に収録されています。

【追記】King Gnu、Mステでしっかりと爪痕を残す

King Gnuがミュージックステーションに出演し、全国の視聴者に衝撃を与えました。

詳しくはこちらの記事で解説しています。

 

King Gnu(キングヌー)とは何者?

彗星の如く現在の音楽シーンに殴り込んできた彼ら。

2017年に現在のメンバー体制になってから、圧倒的な音楽センスと中毒性で今最も注目を集めているバンドです。

ブラックミュージックのビートと、歌謡曲のポップさがバランスよくミックスされたキングヌーの楽曲。

そのサウンドはJ-POP、ダンスミュージック、ヒップホップなど幅広いリスナーの心を掴んでいます。

 

メンバーはこちら

  • 常田大希(ギター・ボーカル・チェロ・プログラミング)

楽曲の作詞・作曲全てを手掛ける、バンドのリーダー兼プロデューサーです。

東京藝術大学でチェロを専攻、クリエイター集団「PERIMETRON」を主催するなどマルチな才能を発揮しています。

  • 勢喜遊(ドラムス・サンプラー)

両親がプロミュージシャンである彼。

ブラックミュージック・ファンク・ラテンを好んでおり、その影響はキングヌーのサウンドに色濃く表れています。

  • 新井和輝(ベース)

楽曲によっては、シンセベースやコントラバスも演奏しています。

また、他のアーティストのサポートやジャズのセッションマンを担当するなど、そのベースの演奏技術は確かです。

 

ドラムの勢喜と共にキングヌーのリズムを支えています。

  • 井口理(ボーカル・キーボード)

常田と同じ東京藝術大学で声楽を学んでおり、常田とは幼馴染です。

舞台役者としても活動しています。

 

View this post on Instagram

 

open your eyes 👁 @shotaronishioka 📸

井口理/Satoru Iguchiさん(@191satoru)がシェアした投稿 -

 

より詳しく、それぞれのメンバーを解説した記事はこちら

彼らのルーツに徹底的に迫っています。

 

King Gnu(キングヌー)が人気を集める理由とは、

2017年の結成からわずか二年での「Mステ出演」、さらにメジャーデビューとすさまじい勢いで人気を獲得しているキングヌー。

米津玄師をはじめスガシカオなど、音楽関係者やアーティストの中にも彼らのファンは数多くいます。


短時間でここまでの人気を得ることができた理由は、彼らのクセの凄さにあります

 

 

楽曲の圧倒的完成度とクセがすごい

一度聴いたらとりこになってしまう彼らの楽曲。

とにかくオシャレですよね。

Mステ演奏曲"Slumberland"よりもロック寄りの楽曲"Flash!!!"はオシャレでありながら、キングヌーらしい泥臭さも兼ね備えています。

King Gnu - Flash!!!

 

ボーカルの常田は拡声器を使用して声を加工することもあり、それもキングヌーの楽曲を特徴づけています。

彼の歪んだギターもバンドサウンドを作り上げるうえで非常に重要です。

そして、もう一人のボーカル井口の艶っぽい声と、ブラックミュージック・ファンクのノリでバンドを支える新井、勢喜のサウンドが組み合わさってキングヌーの独特な世界観が作られています。

King Gnu - Tokyo Rendez-Vous(りんご音楽祭2018でのライブ)

 

独特なミュージックビデオとクセがすごい

Mステ披露曲"Slumberland"にも言えることですが、キングヌーのミュージックビデオはとにかく独特です。

ミュージックビデオの制作は、リーダーである常田が立ち上げたクリエイター集団「PERIMETRON」が担当しており、彼のセンスが反映されたものになっています。

どんな発想でこのようなミュージックビデオを思いつくのか・・・一度彼の頭の中を覗いてみたいですね。。

 

舞台役者としても活動している井口が白い男を演じています。

Youtubeの関連動画にこんなサムネが表示されていたら、ついつい押してしまいそうです。

King Gnu - It’s a small world

 

不気味なアニメーションが印象的な"Prayer X"。

生きる上での葛藤を歌う歌詞とアニメーションがマッチして、ひと時も目を離せないミュージックビデオに仕上がっています。

King Gnu - Prayer X

 

メンバーがオシャレ&クセがすごい

メンバー全員の個性が際立っています。

音楽一本!というわけではなく、リーダー常田はクリエイター、井口は舞台役者と多岐に富んだ活動を展開しています。

これらの経験やスキルは、確実に彼らの楽曲やミュージックビデオに反映されています。

 

1/16発売のアルバム『Sympa』についてのツイート(井口&新井)

ミュージックビデオやInstagramでの彼らのカッコよさとは別の、ユーモラスな一面もあります。

最高にクールな楽曲に加えて、このメンバーそれぞれの個性。

これは売れるわ」という感じですね。

 

「今年これがバズるぞ!」ランキングは堂々の【第一位】

バズリズム02(日本テレビ)で毎年行われる、その年にブレイクするバンドを予想する企画「今年コレがバズるぞBEST10」の2019年版にて、堂々の第一位を獲得しました。

こちらのランキングは、音楽関係者と音楽ファンによるアンケート形式で決定されます。

以前にはMy Hair is BadやWANIMAなども第一位を獲得しており、2019年は確実にキングヌーの年になりそうですね!

音楽雑誌 MUSICA(ムジカ) 2019年2月号では、表紙も飾っています。

もっと詳しく彼らを知りたいリスナーは必見ですね。

 

Mステ披露曲"Slumberland"は星野源、宇多田ヒカルを抑えて【第一位】に!

Mステで披露されると共に彼らの代表曲ともいえる"Slumberland"は、なみいる強豪を抑えてJ-WAVEランキングにて一位を獲得しました!

彼らの話題性・曲の完成度の高さを証明しています。

この曲は2019年1月16日にリリースされた、キングヌーの最新アルバム『Sympa』に収録されています。

King Gnu 2nd ALBUM「Sympa」Teaser Movie

アルバムジャケットのアートワークも彼らの個性を反映させた味がある仕上りになっており、2019年の名盤になることは間違いないでしょう。

 

2020年も彼らの快進撃はとまらない!

2020年1月には、彼らのニューアルバム、『CEREMONY』が発売されます。

YouTubeで1億2000万回再生を突破した『白日』や、ソニーCMでおなじみの『Teenager Forever』などを収録した捨て曲ナシの最新アルバムは必聴です。

 

 

Amazon Music UnlimitedならKing Gnuの楽曲が聴き放題

『Sympa』、最新アルバム『CEREMONY』を含め、キングヌーの過去アルバムもまとめて無料で聴きたいのであれば、Amazon Music Unlimitedがオススメです。

30日間の無料体験期間を利用して、キングヌーの楽曲を無料で聴くことができます

30日以内に解約すれば、費用は一切発生しないのでおすすめです。

 

Amazon Music Unlimitedの30日間無料体験はこちらから

無料で音楽を聴く(公式サイト)

 

今後、ますますブレイクするキングヌーに目を離せません。

 

アルバム『Sympa』から"Sorrows"が新商品「アサヒ ドライゼロスパーク」CMソングに決定!

King Gnuの2ndアルバム『Sympa』に収録されている"Sorrows"が、2月26日発売の「アサヒ ドライゼロスパーク」のテレビCM「飲みたい瞬間」編に起用されています。

 

テレビCMに起用されることで、さらに知名度が大きくなりそうですね。

 

アルバム『Sympa』リリースツアーのセトリはこちら(推しメンアンケートも実施中)

 

King Gnuメンバーについて知りたい方はこちら。各メンバーを徹底紹介しています。

 

King Gnuが好きならTempalayは絶対ハマる!サイケなバンドはお好きですか?

 

リーダー常田の音楽活動(Srv.Vinci、Daiki Tsuneta Millennium Parade、King Gnu)を知りたい方はこちら

 

常田のInstagramでの名言集はこちら

 

King Gnu井口のクソリプ特集はこちら

 

King Gnu ミュージックステーション出演で爪痕を残した記事はこちら

 

紹介音楽
スポンサーリンク
スポンサーリンク
のすけをフォローする
やばブロ!

コメント